PIC/SOLO・・・ 描かれざる「カテゴリー3」の人2016年05月26日 11:16

自分にとって「SOLO」であることは、とても重要。揺るがしにできないことという気がする。
 自分で自分を支え切り(経済的にも身体的にもメンタルでも)、自分ひとりで人生を楽しむことができ、他人に何かを期待することはせず、全てを自分ひとりで決め、全責任を自分で負う。常々、自分はそうありたい、と願っている。 
 そんなふうな「SOLO」への指向性は実生活にも反映され、誰にも雇われない/誰も雇わない、を実践しているし、ツーリングも基本、一人だけで行く。

 ところが、2年前に受けた「特操審」(FAA的にはバイアニュアル)の期限が本年3月15日なのに、2月末に骨折し全治4週間のギブス着用となっちゃった。その時点で「SOLO」資格喪失が確定だ。
 ログで調べたら2005年6月18日以降、維持してきた「PIC/SOLO」資格を11年ぶりに失うことになる。これは由々しき事態だ。

・・・てなことで、飛行場再開、教官 vs 教官の技量錬成/確認訓練完了の直後に、間髪を入れずに「SOLO/PIC」資格復活のため訓練をアサインしてもらった。

最初の1発目は、チョット人相風体に難あるものの腕は(超)一級のこの方、そめなか教官・・・。

2発目は、端正なお姿、物腰で「プリンス」の呼び声高い、ふじぬま教官。

3発目は、地上ではジェントルだが空に上がると、若干、性格が変わる某大学航空部監督の、こいけ教官。

 それぞれに個性溢れる3人の凶状持ち・・・じゃなかった教証持ちの皆さんの、極めてアリガタく、かつ愛情溢れるご指導のもと、計3時間弱のフライト訓練で汗を流しました。
 STEEP TURN、NOMAL STALL、APP STALL、 DEP STALL、Turning STALL、 MCA、STALL Awareness、RECOVERY FROM UNUSUAL ATTITUDEなどなど・・・。
 こんな感じのマニューバ系訓練を何十回も繰り返し、TGL/GAも繰り返して、バイアニュアルチェックを完了。無事、SOLO資格を取戻した次第です。

クラブハウスのウッドデッキにて。タヌ○パのハムストリングスをストレッチするのだが・・・。お腹の大量ゼイ肉がジャマでストレッチができないっ!

同2。如何ともしがたい。

訓練の合間、ヒコーキのハネの下でノンビリするのもオツなものだ。

M田師匠の手の動きがステキ。

M田師匠の手、そのⅡ。

そしてこの日も美しい夕焼けでした・・・。

    *******    描かれざる「カテゴリー3」の人  ********

朝日新聞 朝刊 沢木耕太郎さん、ボクシング小説「春に散る」

高校タイトル総なめの翔吾君ですが、1年ぶりの再起戦がなんとOPBFタイトル戦だ。本日26日付朝刊では、華麗なヒット&アウエーで判定勝ち模様の展開。しかしそうは簡単に問屋が降ろさんぞ。明日以降、波乱含みの展開と予想しております・・・。

さて、リング外の観客席から、翔吾のセコンドについたサセケン、次郎さん、キッドの3人に対して「ジジイ」「年寄りの死に水」のヤジが飛びます。ここにいくつかの人間のカテゴライズが描写されている、と僕は感じました。

まず、リングに立つことの意味すら考えてない、ただ天賦の才と人生の流れのままに戦う、若きボクサー翔吾。彼はカテゴリー「外」であります。

カテゴリー1は、言うまでもなく、仁さん。主人公ですから。かつてリングに立ち戦った人であり、かつ、リング外のヤジを「歯牙にも掛けない」。むしろ「うまいこと言うな」と余裕で受け流す。熟成されています。

カテゴリー2はキッド。かつてボクサーであったけれど、リング外のヤジをどうしても許せず、観客をにらみつける。老境にはあるが、まだ人格の陶冶、錬成が足らない。達観できていない。逆に、まだ何かしらのエネルギーの燃え残りを抱えている。

カテゴリー3を飛ばして4。
これはヤジを飛ばしている人。「リングに立つ人と『立てない』自分」との間の、埋めがたい、遠い遠い距離の意味を、自らに問うこともしない「By-Stander」、単なる「傍観者」。 
 彼らの本質的悲劇(「喜劇」と言ってもいい)は、「ジジイ/死に水」系のヤジ発言からして、「人間(生物)は時間の経過にしたがい、トシを喰うか、さもなくば早死にするかのalternativeである」という絶対的真実の前では自分も例外ではない、という当たり前の事実に、全く思い至らない、というところにある。沢木さん一流のアイロニー、とでも言うべきか。

さて、このシーンで描かれざる「カテゴリー3」の人とは・・・?。

それは、「リングに立つ」人と、そうでない自分との間の距離の遠さを深く自覚し、その意味を真剣に自分に問い、悔しさに唇を噛みしめつつ、息を殺してこの対戦を見つめている・・・そういう人、だ。
 その人は人生を賭けて会社を辞めようとしている人かも知れないし、自分にとって大切な演劇のオーディションを明日、受けようとしている人かも知れない。
 「自分にとっての人生のリングとは何なんだ???」と自問自答し、模索してやまない人・・・。きっとそういう人が、例えば1000人の観客の中に、何人かはいるのだ、と僕は思います。
 誰もがリングの中で、翔吾のように活躍できるわけではない。だけど、自分にとっての「人生のリング」、それを追い求めてやまない人達がいる。

それにしても「竜の引く車」というサブタイトルの意味は何なのだろう?

「車」というからには4輪。であれば、かつての四天王、仁さん、次郎さん、サセケン、キッド。すると「竜」とは翔吾自身を意味することになるのだろうか?。翔吾という逸材との出会いによって、老境にある4人が最後の輝きを放つ・・・。それが「竜の引く車」というサブタイトルのイメージのように思えます。

明日、明後日の朝刊で、翔吾はKO勝ちすると思います。まだ実戦で出ていない、次郎さん仕込みのインサイドアッパー、そしてキッド直伝のキドニーブローが炸裂して。
 しかし、もちろん仁さん直伝のクロスカウンタは封印です。それが炸裂するのは、あくまで世界の高みに登るとき、そしてこの物語が終焉に近づくとき・・・。
 おそらく、仁さんの死は、唐突に訪れるのだろうと予測しています。何の前触れもなしに。翔吾は、世界チャンピオンの証であるベルトを、仁さんの墓前に捧げるのです・・・。

季節は初夏へ・・・戦う理由2016年05月20日 11:50

あと1か月もすれば梅雨入り、25BのハンガーIN。その後は、またあの炎熱地獄、室内気温43度環境下の羽布修理作業が待っている・・・と思うと、憂鬱である。自分も、もう若くはない。

・・・ということで、GWは10日連続、延々とハンガー天井裏の断熱工事。
これ以上は考えられない、というレベルの天井断熱工事をDIY敢行。

ジョイホンにて断熱材大量購入。何回も往復・・・。

脚立に登り、天井裏の2*4桁間を採寸し、断熱材をカット。

脚立に登り、ひとコマづつはめ込んで行く。何回、脚立の上り下りをしただろう?

断熱の基本は遮熱。

断熱材の下にアルミ遮熱シートを中華タッカーで張り込んで、固定していく。上腕が疲れる。

その下に9㎜OSB/F☆☆☆☆コンパネを乗せ、2*4桁に固定する。
つい数年前まで、3*6尺のコンパネ1枚まるごと、天井裏に自力で上げる腕力・背筋力があったのに、今はもうそれが出来ない。確実に老化している。1/2にカットして半分づつ乗せるしかない。

スタイロフォームにさらに1枚、アルミ遮熱シートを貼ったパネルを20枚くらいは作らねば。

それを天井裏OSBコンパネの上に載せていく作業。空気層の確保が大切だ。

かようにして屋根野地板裏から順に・・・
1 スタイロフォーム断熱材
(3㎝の空気層)
2 アルミ遮熱シート
(40㎝の空気層)
3 アルミ遮熱シート
4 スタイロフォーム断熱材
5 9㎜ OSBコンパネ

・・・という5重の断熱構造になる。

*********************************************************

時折、没頭する作業の中で、フト、なんでオレはこんなことをやっているのだろうか?と自問自答する。
 そんなとき、朝日新聞朝刊小説「春に散る」を思い返している。4月24日号。

仁さんが翔吾に説く。
「ボクサーがトレーニングをするのは、リング上で相手より「自由」に振る舞うためだ。でもそれに限らない。なんだってそうだ。シャツのアイロンかけでも、料理でも、自分でトレーニングしてできるようになれば、それだけ自由を手にすることができる」

至言であると思う。

ハンガー断熱工事を、自分でDIYでできれば、工務店に依頼する必要は無い。施工や材料について打ち合わせをする必要も無い。工事代も払う必要がない。「こうしたい」と思う自分の希望にストレートにしたがうまま、ジョイホンに行って材料を仕入れ、自分で施工すれば良いだけのハナシだ。

それによって時間を失っている?
いや、そうではなかろう。現実の作業、営みがオレを鍛える。材料運びと、際限なく繰り返される脚立の上り下りによって。ついこないだまで右足の膝を骨折して不自由だったことも、もはや遠い記憶のよう。

外観からそう見えるとおりに、ただ家を造っているだけ、というのは皮相的なモノの見方かも知れない。本質的には、家を造る、という行為、営みを通じて、「自分を造っている」。そして「自由」を手に入れている。

********************************************************
手前味噌ですが、「春に散る」展開予想、的中しております。

次郎さんは予想どおり、現役の頃はアッパー打ちの達人。その秘伝の「インサイドアッパー」を翔吾に授ける。 
 翔吾、なんと真拳ジムでのスパーリングで、同門の世界ランカーを相手にそのインサイドアッパーを一閃、ダウンを奪ってしまう。 
 しかし相手を「誘って」打ったそのアッパー、次郎さんの言葉が深い。
「それをやってオレは弱くなった」

自分に楽をすることは、弱くなること。
弱くなる、ということは、自由を失うこと。

生き別れになっている息子に、何かを伝えたい次郎さん。翔吾を息子がわりに、人生を説く。それは沢木さんの我々読者に対するメッセージでもある。

小説の舞台の季節は秋、だろうか?次の冬を迎え、春が訪れたとき、翔吾は、たぶん、この世界ランカーとの「同門対決」を経て、世界の高みに登っていくのだろう。その時には仁さん直伝のクロスカウンターが炸裂するはずだ。
 だけど、その一方で、それと同時に、おそらく仁さんは人生の終焉の時を迎える・・・。

仁さんが自分の最後の時間を翔吾に捧げたとするならば、その翔吾もまた、他の誰かのために、自分の最後の時間を捧げるのだろう。
 そうやって、時間や人は、そして街も歴史もフィールドも変わり続け、そして受け継がれていく・・・。

憧憬の空を見上げて・・・2016年04月27日 12:40

飛行場、自粛モードでクローズドにつき、電動RCを飛ばす。貸し切り状態。

こんな小さな、シンプルなEPプレーンだが、これはこれでそれなりの設計思想と工作技術、空力、電子工学の粋を結集したハイテクのカタマリ。これ作って飛ばすの、けっこう大変。


次は実機。早晩、飛行場もリオープンすると思うので、整備は怠りなく・・・。今回は「初夏仕様」への変更作業など。

このゴムパーツをつけてカウル内の圧力を高めて・・・

この固定バッフルをはずせば・・・

「初夏仕様」。
これでCHT /OIL TEMPが所定内に収まる。実験済み。

飛べない空を恨めしげに見上げるⅠ

同Ⅱ

25B専用整備車両。バックドア、痛んできたのでヤフオク/7000円調達の中古品と交換した。色違いはご愛敬。そのうち塗る予定。

増井プロのドローン。マトモに買うと50万くらいするらしい。ヤフオク、互換品など工夫して調達し、半額くらいで組み立てたそうで。

うららかな春の日。草っぱらに寝転んで、ハイテクドローンやFAA/バンナイズ空港での陸単訓練の想い出など、語り合う方々。

旧友来訪。右がそいつの駆るカワサキ超弩級最新鋭アホ馬力の旗艦。左は小職のW3、1971年当時のカワサキの旗艦。快調であります。

1971年から2016年の間に、カワサキ重工業謹製旗艦バイクもこんなにも進化した。否、本質的なところは何も変わってない、とも言えるか。

2台を並べて眺めていると、旧友曰く
「S&Gの”OLD FRIEND”みたいだね」


んん?スーパーチャージャーに俵屋宗達が・・・。風神様だ。

来週はGWに突入。

愚鈍、愚直と言われるまでに・・・2016年04月06日 12:14


発端は↑これである。
動画開始29秒から35秒にかけての、6秒間のステップワーク。
 人は井上尚弥選手の強打を褒めそやすが、このフットワークこそ驚嘆に値すべきものだ。100年に一人の逸材、天才ボクサーのステップを、初老55歳の小職がジムショへの徒歩通勤途中、路上で練習していたのだから我ながらアホではある。履いていたスニーカーが盛り上がったマンホールの段差にひっかかり、モロにコケて膝からアスファルトに墜ち、激痛が走った・・・・。 レントゲンの結果、「あ、折れてますね」。膝のお皿を骨折しました。

足首から太ももまでのギブス生活4週間。車の運転もできないから、ハンガーにも行けない。膝が曲がらないと、トイレも風呂でも極めて不自由。

しかしハンガーに行かなくて済む、というのはアドバンテージでもある。ハンガー生活では、やるべきTodoの序列が全て決まっており、それを粛々とこなして行くのは、かなりシンドイことだ。
 ギブス生活の4週間は、ハンガー生活から解放された自由な週末を過ごすことができ、大変ハッピーであった。

大量の電子パーツを全国各地の部品屋からネット通販やらヤフオクで買い込み、計測してみたり・・・。


工具もアレコレ買い込む。ちょっとしたミニ工場の様相を呈するに至った我がジムショにて、週末、ケーシング加工に勤しむのは至福の時間。プロクソンのバンドソウと小型ボール盤がとても便利・・・。

次々と作りたいモノを製作。これは-20dBカップラ。

ステップアッテネータ。

高周波領域で使用するので銅箔板を使用しアース面積を確保、の図

2つを連結するとこんな感じ。いずれ導入する予定の「スペアナ」を使用する際に必要になる。

早速いろいろ設定を変えて計測。FT-817のAMモード、変調不足。

同。過変調。

同。ちょうど良い。

「ピコ6」の送信波形もオシロで観察。PTTを押して送信すると波形は真っ平らでキャリヤ・サプレッションは良好のようだ。

2トーンジェネレータのフリーウエアを使って音声を出力し、マイクで拾って変調をかけている。昔は何万円もする低周波オシレータが必要だったが、便利な時代になったものだ・・・。

教科書どおりの、良い感じのSSB波形が観測できました。

その他、製作完了していたメモリーキーヤをケーシングする作業とか。

完成図。

4週間後、ギブスが取れまして、無事、ハンガー生活に復帰。早速たくさんのご来客がありました。

松つあんのラボに、自作した-20dBカップラとステップアッテネータを持ち込み、特性を測定していただきました。

測定の結果、200Mhzくらいまでなら問題なく設計どおりのアッテネーションが得られており、「十分に実用になる」とのお墨付きをいただきました。

飛行場では、グライダーの墜落死亡事故が発生した。

死亡する、ということは、登山に例えれば、「厳冬期/高度7000m級のヒマラヤ」。つい数分前には、いつものフライトと同じように、のどかな「高尾山のハイキング」だったグライダーが、主翼から気流が剥離し始めたその瞬間、ヒマラヤの環境に豹変する。
(もう少し詳細に言うと、機体の特性に大きく依存する。シュライハーのASK13、21あたりは、よほどのことがない限り「高尾山ハイキング」に留まる。つまり故意にスピンに入れようとしてもなかなか入らない→経験済みです。)

ただ、それだからグライダー(とりわけ高性能=失速特性が尖っている上級者向けの機体)は危ない、止めるべきだ、というものでもない。どんなものでも同じ。自転車でも、原付でも、大型バイクでも、自動車でも。あるいは危険に囲まれた現代の都市生活では、ただ歩いているだけでも、次の瞬間に死の世界が訪れる、ということすら、ままある。実際、小職はただ走っているだけで、膝のお皿を骨折しました・・・。

我々は、その「現実」を、厳粛に、かつ愚鈍、愚直と言われるまでに、受け止めて、その先へ進まなければならない。

なぜなら、そこに、空に憧れる子供たちがいるから。
かつての自分がそうであったように。

 我が出身小学校には、約100人の児童がいた。そこに、本気で空に憧れる少年が、2人、いた。
 うち一人は防衛大から航空自衛隊に入り、戦闘機パイロットになった。もう一人は弁護士になり、グライダーパイロットになった。

 つまり、だいたい子供が100人生まれれば、そのうち2人くらいは本気で空に憧れる。もちろん、他の98人は、音楽であったり、演劇であったり、政治であったり、文学であったり、バイクや4輪であったり、野球であったり、それぞれだ。
 
 人類には、人口1~2人/100人くらいの割合で、空に憧れる遺伝子が脈々と受け継がれている。そう考えなければ、1903年のライト兄弟による初の有人動力飛行からわずか100余年で、ここまで飛躍的に航空界(宇宙開発)が進歩したことの説明がつかない。

だから、次世代の子供達のために、空に親しむことのできる環境を、守っていく。

それは我々オトナ達の責任。

測定器愛2016年02月26日 18:04

松つあんがハンガーに遊びに来る。たいてい何か作って持ってくる。ハンガーに設置してある「5+3」バンド/ワイヤーダイポールがお目当てだ。そこに自作機を接続し、ひとしきり実験しては帰って行く。

おっ。このダブルギアダイヤル。オクで落札したVFOを改造してスーパーラジオを製作した、とのこと。これいいなあ、と言ったら2000円前後で常時5、6個出品されているよ、とおっしゃる。

5球スーパーと同等の構成がいまやこのIC一個で実現できるんだと・・・。

本当だ。スゲーな。RF段も局発もMIX段もIF段も、全部このワンチップに入っているのか!。昔は全ての段をバラバラ別々に、プリント基板で作って、配線してつなげたわけですよ。ゲっAGCまで入ってる・・・。
で、値段調べたら、
                「100円」・・・。


もちろん今や、VFOなんぞの時代ではなく、超絶安定度の中華DDSが3000円も出せば買える、ということは知っていた。しかし、郷愁を感じるモノとのふれあいも悪いものではない。てなことで、トリオTS-520のVFO、小職も1個落札してみた。2000円ナリ。さっそくバラして中身を見てみる。

このダブルギアが欲しかったのである。

発振部本体は当面使用する予定もないが、せっかくだから安定化電源から9.5Vをかまして「3万円中華オシロ」で波形とってみた。ん?なんか歪んでますけど。どこかのCでもパンクしてますかね。オシロには簡易Fカウンタもついていて、ちゃんと5.4Mhzで発振しているのを確認。数日前、秋月で2700円のFカウンタモジュールをポチしたから、それが届いたら改めて周波数変動を計測してみよう。

中二病罹患前、僕は「初ラ」記事の「6mAMトランシーバ製作」に没入し、そして大挫折した。今の金銭感覚でいうと1000万を軽く超えるくらいの感覚か・・・。月収1年分以上の金額と膨大な時間がパーになった。

部品はジャンク基盤からむしり取ったTR、C、R、インダクタ、薬局で買ってきた塩化第二鉄と洗面器でエッチングした自作プリント基板はどこがリークしていてもおかしくない、チンチンに熱暴走する安物のハンダゴテ、測定器はテスターとスカイセンサー5800型ラジオだけ。

・・・そんなんで高周波電子工作は無謀なのであった。

とにかくVFOの安定度と、ダイヤルシステムのバックラッシュが大問題なのであった。アイデアル「MD-101」というメカダイヤルがあって、心ときめいた。

2枚のギアがスプリングでつながれ、すこしねじってピニオンギアの歯にカマす。そうするとピニオンギアの歯はスプリングの張力で戻ろうとするダブルギアにより両側から挟みつけられて、ガタがなくなる。スバラしいアイデアだと思った。しかし「MDー101」など、到底買えるはずもない。それを買うだけで半年分のコズカイがぶっ飛ぶのである。僕は、いきつけの模型屋さんで真鍮ギア2枚とピニオンギアと、ジャンクのスプリングとアルミ板を使って自作したのだった。しかしVFOそのものの発振が、スカイセンサーでは確認できなかった・・・。

そしてもっとも僕の心に影を差したのは、この世界を覆い尽くそうとするSSB化の波・・・。もしかしたら早晩、誰も交信相手がいなくなってしまうAMリグを、しかも大枚はたいて今さら自作するなんてバカげているんじゃないだろうか?、という疑念。しかしSSBリグのメーカー製は高値の花というより天文学的お値段、ましてSSBの自作なんぞ中学生にはトンデモナイ話で。

あれから40年余。
僕はすっかり文系の人間になってしまった。

しかし。

今や、新品の部品を惜しげもなく使えるご身分だ。LCRメータで抵抗値もキャパシタンスもインダクタンスも、直読だ。マルチテスターで電流/電圧も1発だ。TRチェッカを使えば、ただ適当にECBに関係なく、TRの3本足にクリップをつなぐだけで、たちどころにECBとTRの良/不良、hfeも判定できてしまう。そしてハンダゴテは温度調整機能付きだ。

なんてスバラシイ環境。夢のようだ。

こんな環境で、アレコレ電子工作ができるご身分に、君はオトナになったらなれるんだよ、だから今はガンバレ、そんなにショゲるなよ・・・と、あの日の、傷心の自分に、伝えてあげたい・・・。

追記
数年前、オクで落札したグリッドディップメータの動作を確認。ちゃんとVFOの発振周波数を拾って表示してる。なんだか嬉しい。

ついでにディップメータ自体の発振機能も確認。オシロで波形を見る。OKでした。

ディップメータには変調機能(MOD モード)があるのだが、変調後の波形はまだ未確認。

秋月で買った2750円のFカウンタ(~500Mhz)を試してみる。GDMの発振周波数を確認。問題なし。
う~む。こういう時代になったのか・・・・006Pの電池とほぼ同じ大きさ。

にしてもGDMがテスター/SWR計とともに自作ハム三種の神器と言われたわけはわかるなあ。コイル作れて送信機も受信機も動作確認・調整できるんだからスゴイ。