雨の日のハンガーにて・・・。2017年04月13日 16:29

松つあん来訪

松つあんが自作管球アンプを持参・・・お手製の木製ケースがとても美しい。細部の木工や、塗装の仕上げも素晴らしい。

アンプの裏側、配線の美。カミサマが松つあんという人に与えた才能を思わずにいられない。世の中の99.9%くらいの人は、コレを見てもナントモ思わないのだろうケド。僕は、松つあんがこの作業を開始して、この配線が完成するまでの「時間」に想いを馳せてしまう・・・・

松つあんが持ってきてくれた、ほうじ茶とどら焼きで、試聴。

フィラメントが赤く揺れる・・・

ソースはアップル・ロスレス、PlayerはFoober2000。曲目はバッハ無伴奏チェロ組曲、弾き手はミーシャ・マイスキー。

自作オーディオ・ラックに入れてみた。ラックスマンのプリ部から信号を引き出し、メイン部をスルーして管球アンプに入力している。

外は雨。

菜種梅雨、というのだろうか。
寒の戻り、というのだろうか。
ひと雨毎に春の兆しを感じる、静かな週末・・・。


「人間の耳は、10KHz以上、聴こえる。オーディオアンプも電気的性能としては10KHz以上、出力できる。だから10kHzのアンプを作りました。測定器でも、測ってみました・・・」などと言うが。そういうもんでもなかろう。

 本来、高い音は、動物たる人間にとって、危険が迫ったり緊急事態が生じた時の音ではないのだろうか。基本的に、高い音は生理的に受け付けにくい、あまりキモチ良くない音域なのだと思う。

 歪率3%のこのアンプの奏でるバッハ無伴奏チェロの、なんという芳醇で饒舌なことだろう。そこに、電気的特性は要らない。

*******************************************************

松つあんはさらに手持ちの送信管「807」や、3極管の名球「2A3」で作ってみたいアンプがたくさんあるらしい。高校生の頃から手元に集めてきた真空管達に「活躍の場」を与えたいな・・・などとつぶやきながら、松つあんは、この自作管球アンプを当ハンガーに置いたまま、帰ってしまった。

昔から良いなあ、欲しいなあ、作ってみたいなあ、聴いてみたいなあ、と思っていた管球アンプ。

 こんなふうに、買うでもなく借りるでもなく、フトした成り行きで、「当面、どうぞご自由に使って聴いてみて下さい・・・」という経過。
 その時、私の胸中に去来したものは、自分の人生も、いよいよそこまで押し迫ってきたのだな、57歳という年齢は、そういうことなんだな、という、妙な納得・・・。

そこはかとない哀切感が漂う、雨の日のハンガー。

*******************************************************
番外編。スペアナ基板のケース製作作業。友人からもらった電動糸鋸で。

ヤスリ作業。あまり丁寧にやってもキリが無い。

「続ける・・・」2017年04月01日 13:12

自分も含め、大抵の人には才能がない。
なので、続けないと、大したモノにはならない。
続けても大したモノにはならないのだから。
ということで、「自分は何を続けられるのだろうか?」という自問に至る。
続ける、とは、「続けても苦にならない」ということだから、、、。
結局、その対象が好きか、嫌いか、の問題に終着する。

つまり、自分の過去を振り返って、「何を続けてきたか」を観察する作業
に至る。

・・・。

とするとベンゴシは続けざるを得ない。
モノ作り/モノいじり然り。
空を飛ぶこと、然り。
バイク然り。
音楽。ピアノとギター。

休日にはソコソコの友人・知人が当ハンガーを訪れる。↓学生時代の友人(バイク系)が車のスピーカを交換している・・・の図。

↓その友人がオミヤゲに持参してくれた「電解コンデンサー」。嬉しいねえ。

Yukaさんネコさんは高級グライダーディスカス2Tの整備

同上。水平尾翼にワックス掛け。

事務所にて・・・。デバイスの周波数特性測定器「ケムフラ」は内部の配線をパッチンコアだらけにした結果・・・やや見栄えは悪いが・・・。

ノイズフロア-70dBmを達成。ほぼ定格どおり。これ以上は下がらない。ケースが小さくて薄いので仕方ない。これをもって完成とする。

仕上がりはこんな感じ。

お次は、秋月の周波数カウンタ(2750円)とCYTECさんのデジタルパワー計キットを組み込んだ「F計/P計」。特に調整は不要だがメータパネルの加工に苦労した。なかなかうまくいかない。

さらに測定器関係の工作は続く・・・。スペアナ/SG/ネットアナ実験基板「APB-3」+1Ghz拡張ボード「SAE-1」のケーシング作業。

まだ製作中。完成までもう少し。

当事務所自慢の付帯設備。プロクソンのミニボール盤とバンド・ソウ。便利なり。

てなことで・・・。

母の命日2017年03月23日 14:25

2年前のこの季節。
自宅介護で母を看取った。

**********************************************
例えば、この世に生まれる前に、何か、意識のようなものが存在
するとして、その意識は「そのこと」(すごく大切なこと)を当然のごとく、
覚えている。

しかし生まれた瞬間に、「そのこと」を完全に忘れるように
プログラムされている。

そして生きている間中、ほとんどの人は「そのこと」のことなど
意識すらしない。
 ごく僅かの人が、「そのこと」の本質を見極めようと、例えば
仏道なり、他の宗教なり、あるいは他の「道」に入ったりする。

その道程を通じて、「そのこと」を生きながらにして、
「ああ、そうだった、『そのこと』は、こういうことだったのだ」と
気付く人は、古来、稀なのであり、もしそういう人がいたと
すれば、お釈迦様のような「悟り人」になるのかも知れない。

しかしそういう悟り人は希有であり、人は例外なく、死ぬその瞬間に
「そのこと」を想い出す。
「ああ、そうだった。「そのこと」を今、想い出したっ!!!」

・・・という仮説というか、なんというか。

ベンゴシがそんなオカルトみたいなこと、書いちゃダメでしょ、という人もいるかも知れないが・・・。

*************************************************

なぜこんなことを書くのかというと、母は下顎呼吸
http://pulmonary.exblog.jp/21433676/
が始まって、息子(小職)とその妻と孫2人に手を取られ、声をかけられ、
最期の呼吸をするときに、大きく目を見開き、宙を「睨みつけた」のである。

それは視線が宙を惑う、という感じではなくて、ビッタシ、ピントが合って
いて、何ごとかのモノを「私は見た」、「そのこと」を今、想い出したっ!!!という感じの表情であったのである。

かつて、生前、母のそのような表情は、もちろん見たことはない。
始めての表情というか、視線であった。

生きている間に、「そのこと」を知るのは毛頭不可能なのであって、
まして凡人たる自分には、普段、その存在の痕跡にすら、気付きもしない。

しかし例えば、特段の芸術に触れたときとか、風が木の葉を揺らす音を聴く時とか、どうやっても説明つかないデジャブ現象に遭遇したときとか、「そのこと」につながる「入り口」みたいなものが、実は人生や今生の世の中の其処此処に存在しており、人は折に触れ、「そのこと」にフト、思いを馳せて、
 
 「アレ?何だったけ?オレ今、なんか、とても大切なことに気付きかけ
 たような・・・」

とか思いつつ、しかし、その次の瞬間には、「ああ、仕事しなきゃ」「飯、
喰わなきゃ」みたいな凡庸なる時間の流れに埋没していく・・・

と、いうことの繰り返しのような気が、しないでもない・・・。

その母の命日が、今年も巡る。
お葬式の日、桜が満開になった。
母は、最期の桜には間に合わなかった。

相変わらずの日々・・・2017年03月14日 19:01

最近、FBを始めて、そちらに記事投稿することが多く、本ブログの更新をサボっておりましたが、「オレFBやってない、ブログに書いて」という方がけっこうおられるので、久方ぶりの更新です。といっても、相変わらずとりとめの無いDIYの日々であります。

上海問屋で格安DACを買いました。WIN10+foober2000にて極上のPCオーディオであります。

スペアナ実験基板を製作中。

九十九里方面をパトロール。

JARDの電波測定セミナーに参加。

ハンダゴテ温度計キットを製作。

スペアナ基板を1Ghzまで拡張する基板をテスト中。

ハンガー床、床下大引きの製作。

上記スペアナとは違う、別の測定器を製作中。デバイスの周波数特性を測定するもので「ケムフラ」という。

松つあんは毎週、遊びに来る。真空管アンプ製作にハマッている。

床、ほぼ完成。

ラジオ、実用に問題はないが、やや不調?の気もするので念のため取り外し。

フタ開けて・・・

松つあんラボにて点検作業ナド。

だんだん春めいて参りました。
ではまた次回・・・。

アマチュアはプロの実力の2%でソコソコ楽しめる・・・と思う。2016年12月21日 12:13

少年の日に親しんだRC模型飛行機の製作で身につけた技術とか、中学生の頃の無線機の自作で得た電気回路の知識とか、長年のバイク整備で培ったエンジン回りの整備ノウハウとか、そんなものを前提にM田師匠の後を追っかけた、この10年。
 25Bに関して言えば、リンバッハはワーゲンのOHV水平対向4気筒でW3のOHV直立2気筒と似たようなもん、電気回路はシンプル、木工修理、羽布張り、塗装etcもなんとかこなせるようになって、25B運航開始からここ7年ほどは、自分の作業だけでフライアブルなコンディションを一応維持している。

この10年で身につけた整備能力、おそらくはM田師匠の「2%」程度、であろう。それでも、「鋼管羽布張り木造主翼、ワーゲンのエンジン、シンプルな電気系」なら、なんとかなる。
 これに対してディモナ系のロータックスエンジン換装etcになると、Sしな「若造」航空整備士の作業を見学していても相当に難解で複雑で、「こりゃーダメだ、オレにはできん」というキモチになる。そこはやはり、プロの世界。

ピアノの世界もまた然り、ではなかろうか。他のミュージシャンとセッションしたり、ステージに立ったり人前で弾いたり、ボーカルのお姉さんからコード進行を渡されてキーを上げたり下げたりしながら伴奏する・・・のはプロの世界だ。
 そういうのは全然無理だけれども、良く使うコードなら遅滞なく押さえられて、ヘンテコな音出さないようにアボイド意識してスケール練習して、自分がひとりで楽しむレベルであれば、下記ピアノ師匠の「2%の実力」を、この先10年のスパンで培っていけば良いのであるし、それで十分、人生を楽しめるような予感がする。

*******************************************************
25Bの右席、誰かを乗せることは滅多にありませんが、それと『バーター』でピアノを弾いて(但し小職より上手に)いただける場合は、別であります。25B右席に乗りたい人は、ピアノの練習をして下さい。
↓この夜の演奏はこんな感じでした。
https://youtu.be/_oi7FxTSvs8


この日は羽田PCAの下をくぐって千葉港の工場地帯あたりを散策。ルート、操縦はピアノのH岡師匠にお任せモードで楽ちん。

同Ⅱ

我ながらイイ感じに仕上がった、ノーズの赤ペイント。

NEWフリートにワラワラと人が集まる・・・

M田さんとアレコレお話しながら、第3工場の掃除、整理作業のお手伝い。

小型RC機のチョッとした改造、メンテ。

こちらはもうちょっと大きいヒコーキの抜本的修理・・・。

てなことで。また次回・・・。