水平尾翼の徹底補修作業開始(展開に納得がいかないⅡ)2016年07月26日 12:57

グランドピアノを養生して(マットとコンパネを乗っけただけ)、、、

タワーを建ててピアノ上の天井断熱材を施工、、、

自作仮設キッチンの上にタワーを移動して固定して、、、

キッチン頭上のパネルを施工、、、

DRをストリップにして車検整備、、、

25B、水平尾翼修理に取りかかる。「キノコ」が生えているっ!!。
オレの25Bはキノコのホダ木になってもうた・・・。

ネットで「キノコ」について勉強した。キノコ=カビ=真菌=次亜鉛酸ナトリウムで除菌可、ということだが、木がダメージを受けてしまう。真菌の生育条件である「酸素」をウレタン塗膜で遮断する他はない。まずは腐れ部分を削ってスカーフとって補強木材を接着する方向で検討。

しかしですね、キノコ=カビ=真菌は偉大なる働きをしているのです。彼らの仕事は、木を土に還すこと。もし彼らがいないと、森は枯れ木だらけになってしまう。なので真菌君にしてみれば、一生懸命、25Bを土に還そうと働いてるわけで、究極、自然の摂理である。

だがオレの目の黒いうちは、この機体を土に還してなるものかっ・・・とそういうトコロ。

ドイツ時代に前オーナーの若造二人組が施工したのであろうFRPもこのような状況。

深夜、猛然と水平尾翼の塗膜を削り始める。モウモウたる削粉煙に包まれる我がハンガー・・・。

さすがに翌日は戸外で。

AM2時間、午後3時間+α。延々6時間かかって、1日で削り終えた。M田師匠並みの削り速度に挑戦してみたが、めちゃくちゃ疲れたのでもうやめる。とても無理。

凹みにパテを盛る前に、ドープを1回塗って木を「シメ」る。

パテ入れ。

パテ削り。

採寸して羽布のカット。

載せてみる。

工場にドープを調達しに行ったら、M田師匠「古いの少し残ってるから缶ごとあげる、まだ使える」ということで缶ごともらう。BAJAに積んで持ってきた。

そのドープ塗り。何度も繰り返して。

その後、羽布張り完了。ドープ塗りから丸1日かかった。

カムロックをはずして・・・

カウルを削る。だいぶ痛んできたので、再塗装。

夏空が広がる。

ステキなキュムラス。Ka6、Ka8あたりの古典機で、上昇気流と戯れたい。そんな気を起こさせてくれる、夏空と積雲の風景・・・。

夕暮れと鉄塔は少年の日の心象。

心象風景Ⅱ

                   「春に散る」

大塚のフィニッシュブロー、フックの左右ははずしましたが、その他は概ね予想どおりの展開でした。

なので展開に納得がいかないっ!。 週末2日、サーフィンやっただけで身につけたという左ボディフック1発で大逆転勝ち、ちゅうのは・・・・。

なんだか大塚選手が可哀想になってしまう。深く感情移入。そりゃ翔吾は主人公だからいいけどさ。脇役の大塚君の、その後のボクシング人生はどうなるのよっ!。

ここへ来て話がさらに急展開。つぎは翔吾、ナント世界戦だ。ここで翔吾が繰り出してKO勝ちするのは、仁さん直伝のカウンタストレート以外にない。
 しかしそれと平行して仁さんに異変が・・・、ハートアタックの持病の兆候、ストーリーのエンディングが近づく予感・・・。

翔吾の世界タイトル奪取と佳奈子との結婚、そして仁さんの人生の終焉・・・。
 翔吾と佳奈子さんは、仁さんの遺影を持って、渡米。仁さんゆかりのLAで、新生活を始めるのだろう。彼女は映画の勉強、翔吾はボクシングの武者修行。

 チャンプの家に残されたサセケン、ジローさん、キッドの3人は仁さんを偲びながらも、請われて真拳ジムのトレーナーになる。ということは、かつての翔吾のライバル、大塚選手の育成にかかわるわけだ。
 天賦の才のある大塚に、この3人のトレーナがつけば鬼に金棒だ。大塚はスーパーライトで世界のベルトを奪取する。翔吾はその知らせを、遠くアメリカの地で聞く。だが翔吾はウエルターに転向したので、この両雄がリングの上で相まみえることは、もうない・・・。

ハッピーエンドのようであり、ビターエンドのようでもあり・・・。

問題は・・・・。
サセケンの3段ジャブ、ジローさんのインサイドアッパー、キッドのボティフック、そして仁さんのカウンター。
もう、その後がないじゃないかっ!!!!・・・ということ。
翔吾の初防衛戦はどうなるんじゃっ!!!

まあ、そこまで行かないで、ストーリーは終わるんだろうけど・・・・。
サミシイ・・・。この小説が終わってしまうのは・・・。

展開に納得がいかない。2016年07月25日 22:02

過日、小職のラジコンヒコーキの師匠である「N村ラジコン親父」さんの工房を訪問し、グラス張りの見学に行ってきました。

この道55年?凄まじいばかりの作品群であります。

ワコー・クラシックですかね。友人からの依頼でレストア中のようです。

今回は師匠の匠の技、「グラス張り」を見学して参りました。こういうのは機会を逃してはなりません。いつか必ず役に立ちます。

   *****************  春に散る **********************

朝日新聞 朝の連載ボクシング小説「春に散る」

翔吾、世界ランカー6位の大塚選手のスピードに全くついて行けない。
スピードは筋肉の瞬発力だから、これは天性のもの。そこで劣る、というのはキツイ話だ。努力ではどうもならん。

ついにダウンをもらってしまった。
次郎さん直伝、インサイドアッパーを大塚選手に見破られて。
そりゃそうだ。
スパーリングで翔吾からそれをもらって倒されたのが、今回の同門対決のモチベーションなんだから。大塚選手の。

大塚は、あれが来たら、こうやるって、周到に用意してるんだから。スエイでかわされてカウンターの右ストレート。
・・・で、翔吾あえなくダウン。

しかし、だ。

この展開、翔吾なら、とっくのとうに読んでいるだろう。このスピード王、世界ランカー、大塚相手に、スパーリングのときと同じインサイドアッパーが、2度、通じるはずはないと。
  しかも、翔吾は山越との実戦、OPBFノンタイトル戦でこのアッパーを繰り出し、山越をKOしているのである。大塚にしてみれば種明かしをしてもらってラッキー、というところだ。大塚がその試合のビデオを取り寄せ、何十回となく繰り返し見てイメトレをしていないはずがない。
 「あのスパーリングの時、オレが食らって倒されたアッパーはこれかっ!!!」
 
ということは、ここで大塚にインサイドアッパーを対応されて、逆にカウンターのストレートをもらうことも、そうであれば、悪ければダウンすることも、翔吾には計算済み、だ。次の展開の伏線にむけて。

さすがに大塚選手、そこまでは読んでいて、無理に距離を詰めない。翔吾の背後に4人の手練れのトレーナーが不気味に存在していることを、嗅ぎつけて、大いに警戒している。まだ何か、隠し持っているのでは???

しかしここに大塚の落とし穴がある。

大塚は翔吾に、スパーリングで倒されている。次郎さん直伝のインサイドアッパーの不意打ちで。だからこのリングで翔吾を倒し返さねば、大塚はこの先へは、つまり世界戦には臨めない。このまま持ち味のヒット&アウェイ、華麗なアウトボクシングで翔吾に判定勝ちしても、大塚は世界ランカーとしてのプライドを取り戻せないのだ。

そこまで読んで、翔吾は大塚を誘う。1度ダウンしたのも、その伏線。敢えて倒れる必要もないのに、相手を誘うためにダウンをすることは、稀にはある。さらに罠をしかける・・・。

だが、大塚は、その誘いに乗るだろう。翔吾、2度目のダウン、3度目のダウン。いよいよグロッキーになった翔吾を見て。大塚、最後は勝負をかけざるを得ない。それが世界ランカーの矜恃というものだ。

しかしそこで待っているのは、キッド直伝のキドニー打ち、ボディフックだ。
大塚の渾身の力をこめたフィニッシュブロー、左のフックを、翔吾、キッドとのサーフィンで体得したダッキングで柔らかくかわしたその刹那、港湾作業で鍛えた体幹の強さ、大塚より一回り大きい、次はいよいよ仁さんと同じウエルターに階級上げという身体から、ウエイトのタップリ乗った左ボディフック、一閃・・・。

・・・大塚は、また倒される。悶絶KO。
明日以降、そんな展開を予想しておりますが、ナニカ?

ちなみに仁さん直伝、必殺のクロスカウンタはまだ出ませんよ。翔吾、まだサワリしか習ってないんだから。それとこのパンチは練習しようがないパンチ、というワケなので。

しかしなあ。小説だから仕方ないけど。こんなふうに秘密練習で体得したスペシャルパンチ1発で起死回生の逆転劇、という展開じゃあなあ。それこそ翔吾は「チャンピオンの中のチャンピオン」にはなれないんじゃないのか。なので、もしこの展開であれば、チョット納得がいかない。

こういう勝ち方で進んでも、その先の展開、つまり小説としての余韻というか、なんというか、この先、翔吾はこんなふうなボクサー人生を歩むのだろう、と読者に含みのあるナニカを想起させる点で・・・。

沢木さん、ソコ、なんとかしてくれませんかね。

実戦、左ボディフック1発で悶絶KOのオミゴトすぎる見本はこんな感じ。

内山選手、ホントにスゲーな。

再起も良し、引退も良し。他人がどうこう、口を挟むようなことではございやせん。

実験的週休3日2016年07月07日 11:47

実験的に「週休3日」を試している。
月金の5日間でやるべき弁護士の仕事を、月木の4日間に圧縮して詰め込み、処理する。で、木曜の夜に自宅を出て、ハンガーへ。
 ハンガーでは金土日の3連チャンで、バイク整備と大工仕事、現在はハンガーハウスの天井裏断熱材を施工中。

・・・これはカナリ疲れる。月曜日の朝、グダっとしてしまう。しかしもっとフィジカルを鍛えて、この生活に慣れればなんとかなりそうな気もする。

チェーンブロックを移動し、、、

MD30のフロントを吊り上げ、、、

キャリパーをバラして洗浄し、、、

ピストンプライヤでピストンを揉み出し、、、

クリーンナップ、、、段差なし、サビなし、耐水ペーパー磨き不要・・・

組み付け。Fタイヤ&チューブ、リムバンドも交換、、、

タワーに昇って天井裏の2*4材桁間を採寸後、スタイロパネルをカットし、、、

アルミ遮熱材を貼り付けたパネルを多数作って、、、

パネル固定木材を事前に仕込み作業して、、、

次々にパネル固定材を上げてスレッド打ちしては、パネルを上げていく、、、

天井裏はこんな感じ。キョーレツに熱い。玉の汗がしたたり落ちる、、、

M田師匠の羽布張りを見学し、、、

この夏の25B水平尾翼OH作業で使う羽布を購入し、、、

松つあんがフライス盤を使うというので見学し、、、

そのような日々・・・。
「週休3日」というよりは「月月火水木金金」、1週間休みなし状態。

*******************************************************
7月6日発売の「デイトナ」という雑誌のガレージ特集に当ハンガーが掲載されました。お暇な方は本屋さんへドーゾ。
 「雑誌の取材、受けてくれないかな?、ウチの商品、宣伝してよ」というガレージ屋さんのシャチョーからの依頼なので、断れません。
↓この会社です。お手頃なガレージキットですよ。

DIYで節約2016年07月05日 21:34

ハンガーでは「節約型本棚」のDIY製作が完了。総費用1万円かかってない。材料は24㎜合板とオイルステインとスレッド少々、L字金具だけ。

手持ちラジコンキットを整理。

こんなお宝もあります。小職が小5(11歳)の頃に作っていたキットをヤフオクでゲットしました(工藤プロダクト 「アトラスジュニア号」)。65歳で弁護士を引退したときに作ろうと目論んでいます。

オーストラリアのキットから製作 「AOP-9」

サイトー91搭載「T6」

シャチョーはお疲れです。

*********************************************************
                        電子工作で幸福感を味わう

コトの発端は地元ケーブルTVのネット回線不調。文句を言っても改善しない。やめてやる、と言ったら「TVが見られなくなりますよ」みたいなことを家人が言われたらしく。

いや、それはないだろ。地デジはスカイツリー送信になったから、なんとかすれば、ナントカなる。はず。
 ところが、今度は地元ホームセンターでアンテナ架設の見積もりをとったら6万くらいかかるよ、みたいなことを家人が言う。

そりゃないだろ、強電界地区でスカイツリーほぼ見通しなんだから、ブースタかませばいいだろ。ところがそのブースタも市販品は1万円する、とか。ここで小職はキレました。

        上級資格の2アマを舐めんなよっ!!!!!
            (微積と複素数計算はワカランが・・・)

・・・ということで自作することにした。で、お出ましはこの本。

電子デバイスを準備。

生基板カット。事務所の執務机の上でやってます(笑)。

バンドソウでランド製作。事務所の執務室の隣に工作室があります(笑)

瞬着でランド基板製作。顧問先の電話相談に応対しながら作業(笑)。

フラックス塗る。

LCRはひとつひとつ秋月LCRメータで容量チェック。

インダクタンスも計測。
14歳(中2)の頃、夢見たこと・・・。
ジャンクでない正規品の電子デバイスを買って、その上ひとつひとつを測定器で計測して、素子がダイジョブなことを確認しながら作っていく・・・。その夢が今、かないました。なんてシアワセなんだろ、オレ。

↓インダクタは≒10マイクロ・ヘンリーを表示してます。

ハンダ付け。この爪楊枝の先の十字型4本足デバイス「MAR8-ASM」がスグレモノ。
 サトー電気で400円ナリ。表面実装パーツなので本体直径わずか2㎜ほど、ハンダ付けがほぼ限界の細かさ、ちと苦労しました。老眼だし。レンズ付き作業台でICの足を拡大しながら作業してナントカうまくいった。
こういう自分の技量を試される系の作業は、ファイトが湧きますね。

↓コレです。1Ghzで25dBのゲインは立派。地デジの550Mhz当たりだと30dB弱くらいは取れているのでは、なかろうか・・・。

バラックのままTV同軸ケーブルの間にハンダ付けして仮接続してみる。当然、TVは問題なく映るようになりましたよ。オレがやってんだから。アンテナは同軸の芯線と網線を両側15㎝ほどT字型に広げた簡易版1/2λ DP(550Mhzの波長に合わせた)で十分。外部アンテナ不要!

製作総費用800円くらい(工具、測定器除く)。述べ2時間の作業。これでまた6万円、浮いた。メデタシ。

日々の営み2016年06月23日 12:08

ハンガー生活開始以来、10年近く「ハンガー内に張ったテント」で寝起きしてきましたが、このたびようやく「父遺品のベッド」を自宅から運び込み、使用開始。孝行息子だ。

ベッドの足にキャスターをDIY取付け。

梅雨の合間にミニX-Country、南風につき千葉房総方面へ進出。

行きはGS44Kt。

帰りはGS77Kt。差引き30Knot以上の上空の南風。当然、着陸も「ど」クロス10Kt以上吹いており、ソコソコ大変でした。

左エシュロンからレフト・ターンでブレイクする907Bファルケ。パイロットは増井プロ+タヌパパ。

小職の電子工作/高周波回路研究の師匠である「松つあん」は、シバシバ(毎週のように)当ハンガーに来訪します。師匠は現在のところ「AM
送信機」の研究・自作に余念なく、ファイナルにTRとFET、変調部に自巻きトランスとサンスイと、2セット作ってアレコレ実験中のようです。

25BハンガーINに備えてハンガー内の整理/掃除。

無事、今期のフライト活動を終え、バラし作業開始。
言っときますが整備陣に「お任せ」なんかじゃありませんよ。さんちゃんから「バラシの準備は自分でやってといてくださいね」という厳しい「お達し」があり、自前工具で各部のロックピン、各舵リンケージを全て事前にリリースしておくのです。従って整備の皆さんは工具を持ってきません。

作業終了後のお茶会。

来週末より11月まで、恒例、真夏の整備生活が始まります・・・。

航空整備士の若造2名と慰労会。お疲れちゃん。
「おまえら、もっと喰えっ!!」。

次週は某ガレージ雑誌の取材があるので、お庭の芝刈りなども。

これまで56年の人生を振り返ると、常に「何ゴトかを達成する」ことを念頭に生きてきたような気がします。流行りのコトバで言うとオブジェクト思考というか、あるいは刑法用語的には「目的的行為論」とか。
 その結果、確かに、ソコソコいろいろなことができる人間にはなれたような気がします。
 しかしながらこれからの余生は、少し考えを変えて、「粛々と日々の営みをこなす」ようなライフスタイルがいいんじゃないかな?などと考えております。「達成できる/できない」は二の次として・・・。