ハンガー作業本質論=「デトックス」2016年08月18日 12:02

「25B」という観点から言えば、「修理」である。「W3」という観点から言えば、「(車検)整備」である。
 しかし25BもW3も単なる所有の客体に過ぎない。所有の主体は「ワタクシ」である。取りあえずプライオリティが高いのは、「家族」であり、その者どもを日々養っていかねばならない以上は、家長としての「ワタクシのフィジカル&メンタルの健康」である。
 その「ワタクシ」という観点から、連日、ハンガーで朝から晩まで、立ったり座ったり、炎天下の室内で動き回って大汗かいて作業をすることの本質とは何ぞや?と自問したとき、その答えは「デトックス」に他ならないのだ、との結論に到達した。
 なにしろ連日、3Lくらいの麦茶を飲み、それを全部汗で流すのだから。健康的であること、この上ない。
 逆に言うと、事務所でデスクワークしている時間は、おそらく相当なレベルでその瞬間瞬間に「衰えている」「毒素をため込んでいる」ということになるのだろう。クーラーの効いた室内で椅子に座って、フィジカル的には楽ちんこの上ない環境であるが故に。

*********************************************************

削る・・・

削る・・・

削る・・・

削る・・・

見上げる・・・

マスキング

パテ作業

磨く

汚れる

木工道具

中華ベルトサンダー

疲労困憊した夕方、飛行場にてG109Bを見上げる・・・・

羽布張り5時間

W3車検整備

カウル補修

エポキシ&FRP作業

接着

疲れて作業に嫌気が差すと、気晴らしに飛行場へ。皆さんワラワラと飛んでます。

シャチョー。

ご来客多数。ピアノ友達、バイク友達+その娘、モーターグライダーの教官。皆さん、脈略なくおいでになります。

AZくんは10年振りにピアノ界の住人としてカムバックしました。
極ちゃんは軽ワゴンに300マンエンのカワサキH2を載せ袖ヶ浦サーキットでタイムアタックをしています。
直美教官はKSR110を駆って北海道ツーリングにチャレンジとか。

注)それぞれ面識はありません。

サフのガン吹き

マスキング


水平尾翼と主翼と胴体とカウルと木工作業とW3の整備と大工作業と、平行してやっていくのでヒマというものがない。隙間なくアレコレの作業を詰め込んだ、7日間の夏休みであった。

外国(観光)旅行にも温泉にも飲み会にもグルメにもアルコールにも全く興味がなく(というよりどれもかなり苦手)、映画も観ない、コンサートも行かない、飲み会にも参加しない。街は、好きになれない。人混みも嫌い。

 しかし最近になって、そのことを肯定できるような気がしてきた。これはこれで、我ながら個性的な時間の使い方ではあるな、と。

真夏の電子工作2016年08月02日 19:56

ebayでポチした「1/4W金属皮膜誤差1%中華抵抗詰め合わせ2600本」が事務所に届いた。送料込み2500円ほど。国産カーボン皮膜5%モノと迷った末、ポチった・・・。
↑ご来客のないときは、事務所にて「素足にスリッパ、ユニクロのステテコ」を愛用していることがバレてしまう写真ではある。

上記2600本の中華抵抗をプラケースに整理して格納。

オク買いした半固定抵抗詰め合わせセット。990円ナリ。

ebayの電解コンデンサ詰め合わせセット。1000円くらい。送料高いが。

積層セラミックコンデンサ詰め合わせ。

サトーさんの7㎜角コイルをブレボに差し込めるようICソケットを使って下駄を自作してみました。青い棒でコイルのコアを回して2次側インダクタンスの変化をLCRメーターで確認します。

およそ0.72μH。周波数は100Khzで計測してます。


↑あまりにも便利すぎるこのLC共振周波数計算サイトで計算すると、0.72μHに対して22pFのコンデンサで40Mhz周辺で共振するはず・・・。
中学生の頃、僕はこの計算を電卓でやってました・・・。
1/(2π√L0.72*C22)・・・。

サトーさんの中華コイル50Mhz(7T50)と22pFのコンデンサを1㎝ほど距離をあけてブレボに差し込んで、その間にGDP(グリッドディップメータ)のコイルを近づけます。

GDPは自作ではありません(スンマセン)。オクで自作品を購入しました。コイル5本付き3~70Mhz、FET使用です。三田デリカの中古品などオクで買うと3万くらいはしますので・・・。

コイルのコアを回して40Mhzで同調するようにして、GDPでディップ点を確認・・・。

いったい何をしているかというと、この回路図の、とりあえずVXO部からブレボで作ってみようかな・・・と。「フェムト2014」という6mバンドAMトランシーバです。VXO部は20Mhzのクリスタルを2SC1815GRで発振させ、2次高調波の40Mhzを取り出し、局発と混合して50Mhzにします。

部品箱から集めたVXO部のパーツとブレボ、GDP。

まだ、製作する、というより測定器の取扱いに慣れたり、計算どおりに共振するか確認したり、という実験段階ですが。

*******************************************************

40年以上昔、中2病の頃、僕は毎日、中学校から帰ると、夕食に呼ばれるまで、延々と「6mAMトランシーバ」の発振部や局発部、中間周波数増幅段などのプリント基板を塩化第2鉄溶液でエッチングし、ミニドリルで穴をあけ、トランジスタや抵抗やコンデンサをハンダ付けしていた。

今、自分でも笑っちゃうほど、少年の日に没頭していたことに回帰している。

明日から夏期休暇で、また25Bの整備生活に戻ります。

真夏の整備作業2016年08月01日 16:45

事務所にアレヤコレヤ届いた3700円の中華ベルトサンダー、ソフトパッド、60番のペーパーなどを車に積んでハンガーへ。

炎天下のハンガー室内温度が8度も下がったっ!!!。昨年、断熱パネル施工前は最高室温43度まで上昇し、15分と作業が続けられず水シャワーを浴びながらの難行苦行であった。それに比べれば今年は楽ちん。

天板パネルを研磨していたら我が25Bの製造番号「46150」が浮かび上がってきた・・・。

アンテナ基台補強のダブラーを製作。

リベッティングで固定。

裏側はこんな感じ。

主翼の部分研磨を開始。エアツールのサンダーを使用。

防塵マスクで自撮り。

お次はダブルアクションで全面研磨。1/2㎡で1.5時間ほど要す。

夏空、広がる。

飛行場では教官vs教官の慣熟訓練。
・・・というと聞こえはいいが、単にNEWフリートのASK13を乗り倒して遊んでいるように見えなくもない。

本日の作業はここまで。お盆休みに羽布を張ります。

50年近く昔、僕は毎日、小学校から帰ると、夕食に呼ばれるまで延々と
「Uコン機」を製作し、クリアラッカーを塗り、塗装作業をしていた。

今、自分でも笑っちゃうほど、少年の日、没頭したことに回帰している。

********************************************************

         朝日新聞ボクシング小説 「春に散る」

翔吾くんの網膜剥離、飛蚊症はツラいなー。
佳奈ちゃんが「不思議な力」で治癒してくれるといいのだが・・・。
ついでに仁さんの心臓の持病も・・・。

でもそれだと「散る」にならないか・・・。

「散る」という現象がなければ「咲く」という現象もないのだろう。

あかたも「生」と「死」のコントラストのように。

「摂理」の創り上げた、切り離しがたい、一対の現象、ないしは概念。

水平尾翼の徹底補修作業開始(展開に納得がいかないⅡ)2016年07月26日 12:57

グランドピアノを養生して(マットとコンパネを乗っけただけ)、、、

タワーを建ててピアノ上の天井断熱材を施工、、、

自作仮設キッチンの上にタワーを移動して固定して、、、

キッチン頭上のパネルを施工、、、

DRをストリップにして車検整備、、、

25B、水平尾翼修理に取りかかる。「キノコ」が生えているっ!!。
オレの25Bはキノコのホダ木になってもうた・・・。

ネットで「キノコ」について勉強した。キノコ=カビ=真菌=次亜鉛酸ナトリウムで除菌可、ということだが、木がダメージを受けてしまう。真菌の生育条件である「酸素」をウレタン塗膜で遮断する他はない。まずは腐れ部分を削ってスカーフとって補強木材を接着する方向で検討。

しかしですね、キノコ=カビ=真菌は偉大なる働きをしているのです。彼らの仕事は、木を土に還すこと。もし彼らがいないと、森は枯れ木だらけになってしまう。なので真菌君にしてみれば、一生懸命、25Bを土に還そうと働いてるわけで、究極、自然の摂理である。

だがオレの目の黒いうちは、この機体を土に還してなるものかっ・・・とそういうトコロ。

ドイツ時代に前オーナーの若造二人組が施工したのであろうFRPもこのような状況。

深夜、猛然と水平尾翼の塗膜を削り始める。モウモウたる削粉煙に包まれる我がハンガー・・・。

さすがに翌日は戸外で。

AM2時間、午後3時間+α。延々6時間かかって、1日で削り終えた。M田師匠並みの削り速度に挑戦してみたが、めちゃくちゃ疲れたのでもうやめる。とても無理。

凹みにパテを盛る前に、ドープを1回塗って木を「シメ」る。

パテ入れ。

パテ削り。

採寸して羽布のカット。

載せてみる。

工場にドープを調達しに行ったら、M田師匠「古いの少し残ってるから缶ごとあげる、まだ使える」ということで缶ごともらう。BAJAに積んで持ってきた。

そのドープ塗り。何度も繰り返して。

その後、羽布張り完了。ドープ塗りから丸1日かかった。

カムロックをはずして・・・

カウルを削る。だいぶ痛んできたので、再塗装。

夏空が広がる。

ステキなキュムラス。Ka6、Ka8あたりの古典機で、上昇気流と戯れたい。そんな気を起こさせてくれる、夏空と積雲の風景・・・。

夕暮れと鉄塔は少年の日の心象。

心象風景Ⅱ

                   「春に散る」

大塚のフィニッシュブロー、フックの左右ははずしましたが、その他は概ね予想どおりの展開でした。

なので展開に納得がいかないっ!。 週末2日、サーフィンやっただけで身につけたという左ボディフック1発で大逆転勝ち、ちゅうのは・・・・。

なんだか大塚選手が可哀想になってしまう。深く感情移入。そりゃ翔吾は主人公だからいいけどさ。脇役の大塚君の、その後のボクシング人生はどうなるのよっ!。

ここへ来て話がさらに急展開。つぎは翔吾、ナント世界戦だ。ここで翔吾が繰り出してKO勝ちするのは、仁さん直伝のカウンタストレート以外にない。
 しかしそれと平行して仁さんに異変が・・・、ハートアタックの持病の兆候、ストーリーのエンディングが近づく予感・・・。

翔吾の世界タイトル奪取と佳奈子との結婚、そして仁さんの人生の終焉・・・。
 翔吾と佳奈子さんは、仁さんの遺影を持って、渡米。仁さんゆかりのLAで、新生活を始めるのだろう。彼女は映画の勉強、翔吾はボクシングの武者修行。

 チャンプの家に残されたサセケン、ジローさん、キッドの3人は仁さんを偲びながらも、請われて真拳ジムのトレーナーになる。ということは、かつての翔吾のライバル、大塚選手の育成にかかわるわけだ。
 天賦の才のある大塚に、この3人のトレーナがつけば鬼に金棒だ。大塚はスーパーライトで世界のベルトを奪取する。翔吾はその知らせを、遠くアメリカの地で聞く。だが翔吾はウエルターに転向したので、この両雄がリングの上で相まみえることは、もうない・・・。

ハッピーエンドのようであり、ビターエンドのようでもあり・・・。

問題は・・・・。
サセケンの3段ジャブ、ジローさんのインサイドアッパー、キッドのボティフック、そして仁さんのカウンター。
もう、その後がないじゃないかっ!!!!・・・ということ。
翔吾の初防衛戦はどうなるんじゃっ!!!

まあ、そこまで行かないで、ストーリーは終わるんだろうけど・・・・。
サミシイ・・・。この小説が終わってしまうのは・・・。

展開に納得がいかない。2016年07月25日 22:02

過日、小職のラジコンヒコーキの師匠である「N村ラジコン親父」さんの工房を訪問し、グラス張りの見学に行ってきました。

この道55年?凄まじいばかりの作品群であります。

ワコー・クラシックですかね。友人からの依頼でレストア中のようです。

今回は師匠の匠の技、「グラス張り」を見学して参りました。こういうのは機会を逃してはなりません。いつか必ず役に立ちます。

   *****************  春に散る **********************

朝日新聞 朝の連載ボクシング小説「春に散る」

翔吾、世界ランカー6位の大塚選手のスピードに全くついて行けない。
スピードは筋肉の瞬発力だから、これは天性のもの。そこで劣る、というのはキツイ話だ。努力ではどうもならん。

ついにダウンをもらってしまった。
次郎さん直伝、インサイドアッパーを大塚選手に見破られて。
そりゃそうだ。
スパーリングで翔吾からそれをもらって倒されたのが、今回の同門対決のモチベーションなんだから。大塚選手の。

大塚は、あれが来たら、こうやるって、周到に用意してるんだから。スエイでかわされてカウンターの右ストレート。
・・・で、翔吾あえなくダウン。

しかし、だ。

この展開、翔吾なら、とっくのとうに読んでいるだろう。このスピード王、世界ランカー、大塚相手に、スパーリングのときと同じインサイドアッパーが、2度、通じるはずはないと。
  しかも、翔吾は山越との実戦、OPBFノンタイトル戦でこのアッパーを繰り出し、山越をKOしているのである。大塚にしてみれば種明かしをしてもらってラッキー、というところだ。大塚がその試合のビデオを取り寄せ、何十回となく繰り返し見てイメトレをしていないはずがない。
 「あのスパーリングの時、オレが食らって倒されたアッパーはこれかっ!!!」
 
ということは、ここで大塚にインサイドアッパーを対応されて、逆にカウンターのストレートをもらうことも、そうであれば、悪ければダウンすることも、翔吾には計算済み、だ。次の展開の伏線にむけて。

さすがに大塚選手、そこまでは読んでいて、無理に距離を詰めない。翔吾の背後に4人の手練れのトレーナーが不気味に存在していることを、嗅ぎつけて、大いに警戒している。まだ何か、隠し持っているのでは???

しかしここに大塚の落とし穴がある。

大塚は翔吾に、スパーリングで倒されている。次郎さん直伝のインサイドアッパーの不意打ちで。だからこのリングで翔吾を倒し返さねば、大塚はこの先へは、つまり世界戦には臨めない。このまま持ち味のヒット&アウェイ、華麗なアウトボクシングで翔吾に判定勝ちしても、大塚は世界ランカーとしてのプライドを取り戻せないのだ。

そこまで読んで、翔吾は大塚を誘う。1度ダウンしたのも、その伏線。敢えて倒れる必要もないのに、相手を誘うためにダウンをすることは、稀にはある。さらに罠をしかける・・・。

だが、大塚は、その誘いに乗るだろう。翔吾、2度目のダウン、3度目のダウン。いよいよグロッキーになった翔吾を見て。大塚、最後は勝負をかけざるを得ない。それが世界ランカーの矜恃というものだ。

しかしそこで待っているのは、キッド直伝のキドニー打ち、ボディフックだ。
大塚の渾身の力をこめたフィニッシュブロー、左のフックを、翔吾、キッドとのサーフィンで体得したダッキングで柔らかくかわしたその刹那、港湾作業で鍛えた体幹の強さ、大塚より一回り大きい、次はいよいよ仁さんと同じウエルターに階級上げという身体から、ウエイトのタップリ乗った左ボディフック、一閃・・・。

・・・大塚は、また倒される。悶絶KO。
明日以降、そんな展開を予想しておりますが、ナニカ?

ちなみに仁さん直伝、必殺のクロスカウンタはまだ出ませんよ。翔吾、まだサワリしか習ってないんだから。それとこのパンチは練習しようがないパンチ、というワケなので。

しかしなあ。小説だから仕方ないけど。こんなふうに秘密練習で体得したスペシャルパンチ1発で起死回生の逆転劇、という展開じゃあなあ。それこそ翔吾は「チャンピオンの中のチャンピオン」にはなれないんじゃないのか。なので、もしこの展開であれば、チョット納得がいかない。

こういう勝ち方で進んでも、その先の展開、つまり小説としての余韻というか、なんというか、この先、翔吾はこんなふうなボクサー人生を歩むのだろう、と読者に含みのあるナニカを想起させる点で・・・。

沢木さん、ソコ、なんとかしてくれませんかね。

実戦、左ボディフック1発で悶絶KOのオミゴトすぎる見本はこんな感じ。

内山選手、ホントにスゲーな。

再起も良し、引退も良し。他人がどうこう、口を挟むようなことではございやせん。