ディテイル。2016年02月05日 20:40

チョット古い話題・・・
年末のボクシングが凄かった。

八重樫東選手
獲りました3階級制覇!!!。あれだけ壮絶な殴り合いをして、最後にハグしてお互いの健闘を称え合う姿は美しい。ジェラシイを感じるくらいに。
 負けたほうの若い旧チャンピオンが、マットに膝をついて、リングに上がった八重樫選手の長男の頭をなでて、その目線までかがんで、何事かを語りかけていた。
 もしこの長男君に八重樫選手の血/DNAが受け継がれるとしたら、また新しいストーリイが生まれるのかも知れない。男の子は思春期になると化けることがあるから。いきなり覚醒したりして。

内山高志選手
左ボディブロー1発で、チャレンジャー悶絶KO、ほとんど気絶状態、というのは初めて観た。顔面打たれて気絶、というのは良くあるけれども。
 私ゴトだが、内山選手にアコガレて、同じスーパーフェザー級(57.153 - 58.967kg)まで減量してみた。62Kgから約5Kgほど。食べる量を減らすと内蔵の負担が軽くなって、体調維持もラクだし、いつもやってる心肺トレーニングなども相当ラクになった。
 ・・・というより、これまでオレは、お腹の周りに5Kgもの「お肉のウエイト」を乗っけて動いていたのかっ・・・と愕然とした。皆さんにもオススメ。

井岡一翔選手
この試合も凄かった。相手は歴戦の元チャンピオン。11回のボディブロー、1発1発に「チャンピオンはお前じゃない、オレなんだっっ!!!」という気持ちが乗っていたように感じた。それで相手の気持ちが折れた。最後はハートの強さなんだな。

井上尚弥選手
圧巻だ。解説の村田選手が言ってたけど、相手の左ガードの上から右フック叩きつけてダウン獲る、というのは50Kgソコソコの軽量級では見たことない。動画を何度見ても、クリーンヒットしてない。ガードされている。
 具志堅さんも「2階級上、あるいはバンタム級でも上のレベルのパンチ力」と言ってた。
 いや~スゴイ。ロマゴンとの対戦があればスーパーマッチだけど、それはないだろう。井上選手は育ち盛りの22歳でこれから身体が大きくなるし減量もきつくなる。故にさらに上の階級を狙うのだろう。ローマンゴンザレス選手はミニマム級から上がってきてフライ級なので、この二人が相まみえる機会はなさそう・・・。この対戦、観てみたいが・・・。
 八重樫選手の「ロマゴン評」がまた深い。「強い、というより繊細、なんです」だと!!!。KO負けを喫した相手を「繊細」と表現するとは・・・。拳を交わした人だけにしか語れないものなんだろう。

その村田諒太選手、先日の上海でのリング、KOラウンドの2回、終了間際残り30秒、相手のパンチもらって「ニヤっ」て笑ってる。You Tubeの動画でご確認ください。この修羅場で「笑う」というのは、いったい何なんだろう???
 そして同世代、同時代、同クラスに、鬼のように強いゲンナディ・ゴロフキン選手が存在する・・・。運命というか、宿命というか・・・。

その他。
ハッキリ言って大嫌いな朝日新聞だが、朝の新聞小説がボクシングをテーマ/モチーフにしていて興味深く読んでいる。題して「春に散る」 沢木耕太郎さん。
 かつてカシアス内藤選手をモデル/モチーフにした珠玉の名作「一瞬の夏」があった。

さて「春に散る」は、本日2/5の朝刊で、前半部分の山場を迎えております。老ボクサー4人(いずれもかつての世界ランカー級)に、4人の若い不良どもが絡んできました。一触即発状態。

サテこれからの予想なんですが、中田春彌さんの挿絵、不良組4人の一番後ろにいる青年、この人が章タイトルの「新しい人」なんじゃないかな、という予感。他の3人はいかにも不良っぽく描いてあるけど、一番後ろの青年はちょっと正義のイケメン風だ。

この青年がこの喧嘩騒ぎのあと、老ボクサー4人に弟子入りして、世界をめざす・・・・。でも沢木耕太郎さんはたぶんハッピーエンドにはしない。ビターエンドで。
 やはり、かつての老ボクサー4人と同じように、世界戦で負ける。そして4人の老ボクサーは、最後の仕事を終えて散っていく・・・

*********************************************************

・・・最近、自分がどんな「ディテイル」を観ているか、を自分で観察してみた。自分が観ているディテイルは、自分のセンサーが働いて反応している、ということなので、自分にどんなセンサーがあるのか、つまり自分というものの掘り下げ作業ができるように思う。

ちなみに小職の場合、グライダーの操縦は全くダメだ。アレキサンダー・シュライハーKa6EとKa6CRの舵の効き具合、舵感の違いが全くわからなかった・・・・悲しい。

 「対象」のディテイルが理解できない、AとBの区別がつかない、微妙な味わいを感じとることができない・・・のなら、そこに時間や努力を投入するのは無駄だ。努力して、続けていればいつか判るようになる、というものでもあるまい。
 1回死んで、転生して、次の人生でそのセンサーを天賦のものとして与えられるのを期待する・・・他はないのだろう。

そこを取捨選択していかないと無駄な人生を過ごすことになる。

ああ。

早春の季節。
この季節は素敵だ・・・・。裁判の準備なんかして、時を過ごしていてはもったいない。

白いTシャツとブルージーンズ Ⅰ2016年02月09日 11:40

飛行場に往年の「模型飛行機少年」が集合。今の若い人たちに
「Uコン」なんて説明しても、なかなか理解はしてもらえないが・・・。実物を見せるのが一番。

これはRC、僕の小型練習機。フィルムの合間に見えるリブに「萌え」る。

事務所の来客用デスク上にはオモチャが並んでいる。

恒例、真冬の「ハンガー耐寒合宿」。

夜も更けて。55男が参集し、青春時代を振り返る・・・

整備の若造君2名、いつものように必ず強参(強制参加)

25Bで離陸したらYukaさんのG109Bが右エシュロンについて追い抜いて行った。その昔、上滑訓練時代、彼女には何度も曳航してもらいました。

印象に残る夕焼け・・・

**********************************************************
         
           「白いTシャツとブルージーンズ」

さて、朝日新聞、朝の連載小説、沢木耕太郎さん著作、「春に散る」
目下、急展開を迎えております。

「キッドの(キドニ=腎臓打ちではなく)レバーブロー」「サセケンの3連発ジャブ」・・・炸裂。これで不良ども2名がダウンだ。
 キッドとサセケンは、この小説設定では脇役キャラ。なので、パンチも脇役的なボディブローとジャブ。このへんの組み合わせが絶妙。

そしていよいよ第2の主人公、登場だ。「白いTシャツの若者」。たぶん、「新しい人」。本日9日の朝刊で名が明らかになりました。「ショーゴ」君です。そしてナント、プロのライセンサー。この(おそらく第2主人公の)ショーゴ君、ガードを上げた構えのまま、往年の世界ランカー「仁さん」と対峙し、ジリジリと間合いを詰めて行く・・・。

対峙するこの主人公ふたりの共通点は「白いTシャツ」。これは極めて重要なアイテムだ。決して、色が付いていてはいけない。「男」は中身を磨けば、外見はシンプルで良い。否むしろ、シンプルでなければいけない。そして「ピュア、真っ直ぐ」であるべし。その象徴が「白いTシャツ」。
 有り体に言えば「飾る必要はない。飾ることはミットモナイ」という沢木さんの美学。深く共鳴。

 当然のことながら、「白いTシャツ」に組み合わせるボトムスはリーバイスのブルージーンズ。この青と白の鮮やかなコントラストが、主人公であることの証であり、象徴であり、メッセージだ。

となると当然、「パンチ」にも脇役と主人公があるわけで。脇役キッド、サセケンの打ったパンチが、脇役パンチのボディとジャブなら、主人公には、主人公にふさわしいパンチを打たせなければならない。それがストーリーってもんだろ。
 
 数あるボクシングのパンチの中でも、主人公と言えば、いうまでもなく「ストレート」。そして「白いTシャツ」が「ピュア、真っ直ぐ」の象徴であるならば、それもパンチで言えばケレン味のない「ストレート」に他ならない。こういうつながりだ。
 そういえば、かつて「逆転の貴公子」と呼ばれつつ事故で夭折した伝説の名チャンピオン、故大場政夫選手を題材にした「凶器の右ストレート」というノンフィクションがありました。あるいは現バンタム級スーパーチャンピオン、山中慎介選手の武器は戦慄の左ストレートだ。

・・・ということで、次回、明日10日朝刊以降、「白いTシャツ」の主人公ふたりが、互いに「ストレートを打ち合う」展開になる、ハズ。但し、双方ともに当たらない。カスる程度。ここで当たってしまうとライセンス剥奪、になるから。第2主人公のショーゴ君は、これから4人の老ボクサーに鍛えられ磨かれ、「世界」のリングに上がる宿命であるからして・・・。

さらに言えば・・・。
不良仲間から「止せ、ライセンス剥奪になるぞ」と警告されたショーゴではあるが、ここで仁とショーゴが拳を交わさない、という展開はあり得ない。必ず打ち合う。

なぜならショーゴは悩んでいる。プロのボクサーとして、どうやってこの先を生きて行くのか。あるいは、もうボクシングなんか止めてしまうのか。   ショーゴはその間で揺れている。その悩みがあるが故に「プロのライセンサー」でありながら、「不良仲間」と「居酒屋」で「酒」など飲んでいたワケだ。
 今、仮に広岡仁と打ち合って、よしんば仁に怪我をさせてライセンス剥奪になったとしても、それはそれで仕方が無い、いっそ潔くボクシングなんか止めてしまえ、という土壇場の心境。
 他方、ショーゴはやはり、どうしてもボクシングを捨てきれない。その生き方に賭けてみたいという気持ちが腹の底にある。ショーゴは師匠を、名トレーナーを、探し求めてやまない(エディ=タウンゼントさんみたいな)。
 今こそ、そのチャンスだ。仁と拳を交わして、自分と、仁の力量を測ってみたい。仁と拳を交えることで、自分のボクサーとしての資質を確認したい。その深い渇望。「こんなところで、こんなジジイに勝てないようじゃ、オレ、もうボクシング続けても無意味」。
 ショーゴはそれを試してみたい衝動にかられている。だから必ず仁と打ち合う。

 そしてたぶん、ショーゴは、自分のストレートを見事なダッキング(スエイバックかも知れないが)でかわし、しかもなお60歳を超えてなおキレの良いストレートを打ちこんできた往年の世界ランカー、仁さんに心酔し、仁さんゆかりの真拳ジムの門を叩く・・・という展開ではなかろうかと・・・。
 

*********************************************************

さて。

ジーンズと言えばリーバイス。5kg減量の結果、今までの手持ちジーパン、全部、ウエストがユルユルになってしまった。冬物処分特売で1本当たり6000円だったのが嬉しい。4本まとめてオトナ買い。all29インチ。



ではまた・・・。

白いTシャツとブルージーンズ Ⅱ2016年02月10日 15:29

朝日新聞 朝刊連載小説 「春に散る」
なんだか展開予想が的中しております。

拳を交わし合って初めて、お互いを理解できる。その相互理解がないと、師弟関係は築けない。つまりストーリイが展開しないのであります。

・・・ということで、街中、ストリートファイトに突入です。
(本日朝刊分)

プロライセンサー、白いTシャツの若者ショーゴ君は、仁さんに向かってケレン味のない左右ストレートを打ちこんで来ました。
 しかし仁さん、まだ躊躇しており、これを(ダッキングでなく)スエイバックでディフェンスします。しかしディフェンスだけでコトを収めようというのはもはや難しい状況に。

次の瞬間。
白Tシャツの若者、今度はストレートでなく右フックを振ってきた。
ここで往年の世界ランカー、仁さんの伝家の宝刀、左クロスが炸裂!!!

若者はダウン、アスファルトに頭を打ち付けて倒れた音が・・・

う~~~~~~む。
ここの描写は・・・チョット。

クロス(カウンタ)というのは、ショーゴ君の右フック、右腕の「外側」から仁さんの左腕が重なるようにしてショーゴ君の右顔面に当たる、ということです。二人の腕がクロスします。つまり必然的に左クロスとなります。これは非常に高度なテクニックです。スピードも。
  ショーゴ君の右フック打ち始めの一瞬に、仁さんがダッキングしながら左にステップアウトして(つまり相手の右側に出て)そこで、左カウンタをあわせる。そう打たないと「クロス」(ショーゴ君の右フックの外側から打つ)にはなりません。内側から打ったのではクロスにならないのであります。
  これに対して相手の右フックをスエイ or ステップバックで避けて、相手の身体が流れたその瞬間に右顔面に左ショート(フックでもストレートでも)を合わせるというのは普通のカウンターであってクロスではない。こんな感じ。井上尚弥選手。天才だ。芸術的。

皆さん尚弥君の強打ばかりを褒めそやしますが、チョット違う。元チャンピオン/ナルバエス選手の右フックを、足の位置もかえず(つまりステップバックせず)、たった10センチ程度スエイしただけで右フックを避けているのがスゴイんです。
 まさに紙1枚の見切りだ。スエイしてネジ巻いて、スエイから頭の位置を戻す反動で左フックにつながる。そのスムースさが実に芸術的です。

 いずれにせよ次郎さんがサセケンに「見えたか?」というほどの、仁さんの往年の伝家の宝刀、左クロスでした。おミゴトです。
 カウンタは自動車事故で言えば出会い頭。相手の動きもスピードに乗っているため破壊力はダブルになります。

法的に言えば「急迫不正の侵害」。違法性阻却事由たる正当防衛の要件を充足します(ここで急に弁護士モード)。
 しかも相手もプロ、売られた喧嘩ですから、仁さん、不可罰です。小職が検察官なら、当然に起訴猶予にします。良かったー。

しかしなあ。
元世界ランカーとは言え、リングを離れて40年も経つ老ボクサーからタイミングの良い左クロスをもらっちゃうというのは・・・。そんなんじゃ世界なんて、到底狙えないよっ!!ショーゴ君、ガンバレ!

パトカーのサイレンが鳴り響き、風雲急を告げる展開です。
明日の朝刊が楽しみ。

白いTシャツとブルージーンズ Ⅲ2016年02月11日 19:44

仁さん、ミゴトな左クロスでした。
ショーゴ君は気絶して昏倒しております。挿絵、ショーゴ君の右アゴには、仁さんの左クロスの痕跡がハッキリと残っております。

倒れて、目を閉じている表情が端正です。
イケメンです。
主人公の雰囲気です。

白いTシャツは主人公の象徴。ジェイムス・ディーンのイメージです。これからショーゴ君の性格やキャラが設定されますが、仁さんに等しく、真っ直ぐで心優しい、主人公にふさわしい、ピュアな人柄が描かれるのではないかと・・・。

良く考えてみるに、この展開は必然とも言える。ショーゴ君が第2主人公なら、これから老ボクサー4人に育てられて、やがて世界のリングに立つわけです。なのでここで仁さんに勝って、怪我をさせるわけにはいかない。ライセンス剥奪になってしまう。これは前に書きました。

他方、仁さんはいずれにせよ正当防衛だし、もう引退しているわけですから、ライセンスはどうでも良い。
 しかも脇役キッド、サセケンの脇役パンチがヒットしているわけですから、ハナシの流れとしてここで主人公・仁さんの「主人公パンチ」がヒットしないわけにはいかない。それが左クロス、です。左クロスのショートストレート、という感じですかね。

さて、ショーゴ君は倒れたままだ。老ボクサー4人+佳菜子さんはいったんはズラかろうとしましたが、気絶しているショーゴ君を放置するわけにはいかない。まして彼は道路で頭を打っている。ここでズラかるとかなりマズイ。保護責任遺棄っぽくなってしまいます。あとで捕まると、相当にやっかいだ。情状、かなり悪くなります。
 ここは、佳菜子さんという目撃者がいるのだから、堂々と警察に説明すれば良い。

さて、明日からの展開予想ですが・・・。

おい若いの、ダイジョブか?
いったん、オレ達と一緒に来るか?
ショーゴ君、フラフラする頭で立ち上がり、5人と一緒に歩き始めます。

・・・てな感じで、ショーゴ君は「白い家」(チャンプの家)に居候し、4人の元世界ランカーとの共同生活が始まります。

ショーゴ君と佳菜子さん、いずれ恋に落ちるような予感もします。

毎朝展開が楽しみであります。

白いTシャツとブルージーンズ Ⅳ2016年02月12日 14:33

ブログ内容がボクシングネタになってから閲覧数が急下降しております(笑)。しかしながら朝日新聞、朝の連載小説「春に散る」、いよいよ序段における起承転結の「転」まで来た感じで目が離せません。

手前味噌ですが、なんだか展開予想、我ながらかなり良い線を行ってます。ショーゴ君、次郎と仁さんに両肩を支えられ、トボトボと歩いて「チャンプの家」に向かいます。パトカーは来ましたが警察には捕まらずにすみました。

まず、ショーゴ君の素性として「素直」という表現が出てきました。仁さん、「こいつ意外と素直な奴かも」・・・みたいなセリフがあります。「白いシャツ」の「ストレート」を打ち込んでくる若者は、「素直」でなければいけません。

 ここ、実はスゴく重要です。沢木さんならではの、人生訓です。

 素直な人は、良い師匠に恵まれれば、そして自分がパッションを注げる対象に出会いさえすれば、強烈に伸びるんです。そりゃあ、ショーゴ君、今はダメです。60歳の仁さんに、いい左クロスもらって、ノビてしまいましたから。でもこれからです。

素直、というのはものすごく大切な美質です。これに対してダメなのは、ヒネた人。気位の高い、単なる勝ち気。例えば、ある先達とあることについて会話をしているときに「あ、オレ、それ知ってますから」とか言うタイプ。これだとその先達さんは、「何じゃコイツ」と思ってその先、何も教えてはくれません。人生の大損失です。 
 勉強できて、いい大学出て、事務処理能力も高くて、仕事もすごくできるんだけど「どうも人(友達、先輩後輩、お客さん)が寄ってこない」。そういうタイプの人がいるでしょう。男でも女でも。素直な人は、回りの人が、いろいろと気に掛けて助けてくれるもんです。
 勉強(暗記して吐き出す作業)が得意であることと、仕事の事務処理能力が高いことと、人間としての本質的な賢愚は、分けて考える必要があります。

但し、生来のヒネクレ者が素直になることは難しい。人間の性根は、そんなには変わりません。そこで無理をすると、自分を殺すことにもなりかねないから、要注意です。ヒネ者はヒネ者なりに成長する、ということもありますので。

さて、小職、ボクシングオタクとして、この小説の初回から「早く教えてくれよお~~~」とかねがねイライラしていたのは、4人の老ボクサーのキャリア。これまで各人とも世界戦の経験があるような、ないような示唆だけで、大変ボカした書き方でした。
 そして現時点では、ショーゴと4人の老ボクサーは、お互いの素性を知りません。これでは師弟関係は築けません。なので、明日の連載から、相互の自己紹介のような形で、彼らの素性が明らかになります。ようやく。

何しろ天下の朝日新聞ですから、そんなにボクシングオタクの内容には踏み込めない。他方、ある程度、細かく書かないと、ノンフィクションとは言えリアリティがない。その間をどうとるか。なかなかに微妙です。

さて各人のキャリアです。ここは興味深い。それぞれ、現役時代にどんなボクサーだったのか????

仁さんは主人公だし、格好いいキャラ。自分で自分のことは話したがらない。高倉健さんみたいに寡黙です。なので比較的ファンキーなキャラのサセケンあたりが仁のキャリアを語ります。こんな感じか?↓

ショーゴ:オレ、あんなスゴイ左クロス、初めてもらいました。
サセケン:「バカ野郎、当たり前だ、仁はよ、ウエルターで世界ランキング9位までいったんだぞ(タイトル戦、負けたけど)」etc。

ここで各人のキャリアがそれぞれ明らかになります。しかしあくまで主人公は仁さんですから、あとはだいたい、というところで。ただ皆さん、「世界チャンプになれなかった」というくらいのトップランクのボクサーですから、日本チャンプ、あるいはその上位ランカー、さもなくばOPBF(東洋太平洋)チャンプ、そのランカーくらいまでは上り詰めた、という線かと。

ここでショーゴ君、ビックリです。ぶっ飛びます。プロのライセンサーとは言えキャリアの不足するショーゴ君から見たら、世界ランカー、OPBFランカーというのはまさしく雲の上の存在。
 この世界、多くのボクサーは6回戦、8回戦くらいでリングを去るのであって、日本タイトル戦あたりのリングでメインイベンターを張るボクサーなんて、ほんの一握りの中の、さらに一握りだ。
 ショーゴ君、バイクで例えれば、筑波サーキットでBライとって125ccのプロダクションやってたレベルのライダーが、鈴鹿サーキットで、いきなり8耐のファイナリスト、国際A級ライダーに遭遇してブチ抜かれた・・・、てな感じだ。もう、アコガレ、なんてもんじゃありません。まさに天上人です。

そんなわけでショーゴ君、次第に、この4人の老ボクサーに心酔していきます。まして根が素直だから、砂地が水を吸い込むように4人のボクサーのテクニックを身につけていく・・・。

今後の展開ですが、4人のボクサーが、それぞれ自分の得意とするテクニックをショーゴ君にたたき込みます。その伏線がだんだん明らかになってきました。

ん?どんなテクニック?
4人ともそれぞれテクニシャンですが、いろいろと伏線がありますね。
まずキッド、最初のサングラスの若者をレバーブロー1発でダウンです。なので彼はボディブローを教える。次、サセケンは当然、閃光のようなジャブの3連発。仁さんは主人公ですから、ストレートと、そして伝家の宝刀、クロスカウンターでキマリです。またディフェンス全般も、仁さん担当ですね。先代会長ゆかりの「打たれないで打つ」ボクシングを継承しているのは仁さんです。

アレ?パンチ、ひとつ抜けてますね。まだこの小説で語られてないパンチと言えば?そうです。アッパーですね。となると、それを教えるのは次郎さんです。次郎さんはアッパー打ちなんじゃないかな。

*******************************************************

さて、ここから、この小説のタイトル「春に散る」に結びつく、極めて重要なメッセージ、このストーリイのモチーフが展開していくでしょう。

「散る」とは、人の人生で言えば「死」を意味する。仁さんは、ハートアタックの持病があり、その死を予感させます。

しかし。

「散る」前には必ず「咲く」があるわけです。それが自然の摂理です。4人はやり残したことを、これからやる。それが「咲く」です。老いて、枯れて、死ぬ。その前に、最後に「咲く」・・・。

「何」をして「咲く」?

伏線がありました。
「みんな、これから何をするんだ?」
キッドは、亡き奥様の散骨、と答えました。呑気なサセケンに至っては「家庭菜園」です。次郎さんは何も語りません。仁さんは、何をやるのか、何もないよ、みたいなことを言う。

「散骨」や「家庭菜園」が「咲く」なのか?
それで人生を終われるのか?
それはあり得ない。それはあまりに寂しい。
彼らは、もとボクサーなんだ。
青春をリングに捧げた人たちなんだ。

ショーゴ:オレに、ボクシング、教えてくれませんか?
この一言で、4人の老ボクサーの気持ちがひとつになります。

老境を迎えて。
「オレ達はどうやって「咲く」んだ?そうだ、それなら、みんなでショーゴを鍛えてみようよ・・・」

これが誰のセリフになるのか、それはわかりません・・・。

人として「散る」。
それは避けられない。
人として生まれて、死ななかった人はいない。

    だけど、60歳を過ぎてもなお、「咲くことはできる」。

ここで、人生の老境を迎えた人たちに贈る、沢木さんのエールが高らかに鳴り響くわけであります・・・・・・・・・。

老境を迎え、自分の人生を振り返って、最後に「咲く」、ということは、自分の少年時代、青春時代に戻っていくことなんだ、というメッセージなのかも知れません。

だとすれば、少年時代、青春時代はとっても大切だ。その時代を疎かにすることはできない。その時代をマトモに生きていないと、年老いてから、戻っていく場所が見つかりませんよ・・・それも、沢木さんのメッセージなのかも知れません。

なので。

若い皆さん。ショーゴ君世代の皆さん。その点をシッカリ心に留めて、今現在の少年時代、青春時代を過ごしてください。

お受験のお勉強なんかしているヒマは、ないのかも知れませんよ・・・。

てなことで、また。