春を待つココロ2020年02月27日 17:03

2月の空が青い。オリンパスブルー。

後輩A君にもらったナルディのハンドルを握り、後輩B君にもらったスタッドレスを履いたジムニーで中央道を走る。

諏訪湖PA通過。

乗鞍高原到着。バックドアはヤフオク7000円落札したもの。近々に塗装予定。

夕、冬登山靴にアイゼンの脱着練習。周辺の森の中を歩き廻る。

乗鞍高原でスキー合宿。後輩C君が宿とメシの手配をしてくれて、競技スキー上がりで1級持ちの後輩D君がゲレンデを伴走していろいろ教えてくれて、後輩E君がアイスバーンでコケて腕の骨を折ったので後輩F君がクルマで荷物を運んだり、いろいろあった・・・。みんな身体だけは気をつけてくれよ、、、、。

2日続けて良い天気でした。

ハンガーに戻り、ジムニー整備。スキマ風が吹き込む床板のサビ穴。

FRP修理をしたいが時間がないのでとりあえずアルミテープで補修

窓ハンドルが重いので内張を剥がしてリンケージをグリスアップ。こういう作業ひとつにしてもYou TubeにHow To動画があって超便利。

内張にフエルトを重ね張り。

フットレストを装着。

エンジンルームをフォームクリーンアップ

ハンガーハウスDIY作業。
室内天窓用の2mm厚アクリル板をカット

サブロクのベニヤ板をジグゾーでくりぬいて天窓の枠を製作。
・2mmのドリルで穴を4個開け、
・ミニソーで穴4個をつなげ、
・そこにジグゾーの刃をつっこんで15cmほどカットしたら、
・あとはコードレス丸のこの出番

・・・てことで。

そのベニヤ板の枠でアクリル板をサンドイッチし、ボンド+スレッドで固定して室内用天窓を2枚製作。アクリルの熱膨張を考慮し数㎜のクリアランスを確保。このへんは去年の試作で実験済み。モチロン、アクリルの余白には2mm厚のベニヤを挟み込んでいます。

パテ入れ、整形、サンディング。

ホルソーで穴を掘り、強力マグネットをネジ+エポキシで接着、固定

マスキングしてオイルステインで塗装。

ひと晩、塗料の乾燥を待って、、、、、。

タワーに登って取付け。独りでやるのでいろいろ工夫が必要。

これを2カ所取付けて、完成。

*******************************************************
突然、お湯が出なくなったので調べてみると13年使った灯油タンク内部が錆びてボロボロだった。

ということで急遽、灯油タンクの交換と配管やり直し作業。

13年前と同じく、コメリへ走る。しかし灯油タンクの在庫なし・・・。
次なるは新しくできた竜ヶ崎「山新」へ。ここは小型ジョイホンという感じで在庫豊富。ステンレス2.5万と鉄タンク1万が有り迷ったが、やはり13年前と同じく鉄タンクを購入・・・。

穴掘って砂利入れて、大型ハンマーで叩いて転圧かけて灯油タンクの基礎を製作。
本日に到るまで13年間、土の上にタンクをポン置きしてアンカーで四隅を仮固定しただけの状態だったが、これでようやく台風が来ても倒れる心配がなくなった。安堵・・・。

タンク固定用として当初10cm角のコンクリ柱を買ってきたが、コンクリハンマードリルで穴あけてアンカー打ち込んだら2本とも「ボコっ」という音ともに真っ二つに割れてしまった・・・

改めてコメリに走り、+2cm太い12cm角のコンクリ柱(2本計40Kg)を買ってきて、今度は慎重に穴あけてアンカーを打ち込んだ。
 なを、アンカーは鉄が45円/本でステンレスが135円/本だが、ステンレスを奢った・・・。
 後年、モノを見る目の在るどこかの誰かは「にゃるほど、タンクは鉄でアンカーはステンなのね」と笑うだろうか・・・。

コンクリ柱は、
①それぞれのレベル出し
②両側のコンクリ柱間のレベル出し
③最後にちょこっとだけ水勾配つけて完成。

これでタンクのドレンの上に水が溜まるようになる。内部結露がタンク内の錆びの原因なので、今後、常時満タンを心がけよう。

アンカーのナットを締めて完成。タンク交換+配管+コンクリ基礎固定で丸2日を要した。


*****************************************************
世の中は新型コロナで騒がしいが、この事象にも善し悪しの両面があるんじゃないか?あるとすれば何だろう?と、考えてみた。

これをきっかけに、自分でコントロールできないことは静観しつつ、あとは節制して鍛えてストレス発散して夜更かしやめて良く寝て、免疫力を上げよう、というふうに生活態度を改める機会になるのなら、それは良いことだ。

もともと人生そのものが、そうとは知らずに両側の切れ落ちたエッジの上を歩いているようなもんで、いつ何があるかワカランし。

「死」ということを身近に感じるのは悪いことではない。否むしろ、まともに生きようと思うならば、「死」という概念は常に脳裏にあって然るべきものだ。

そして最後は運次第だな。
タマラン。